2浪文系大生がグチグチ言う

いやなことも、いいことも、人生いろいろある。

他人が好きなことを、批判する人。

どうもしんかめです、あっつい(*_*)

ツイッターを見ていて分かりましたが、今日から夏コミみたいですね!

暑いなかお疲れ様でした!連日参加される方は戦利品の整理は程々にしっかり休んで明日からの戦いにお備えください!

とまぁこんな感じの話ができる程度ですが、一応コミケというものを知っていて、『僕は友達が少ない』が放送されていた時の冬コミには友人と参加しました。高校一年の時だったかな当時はかなりのアニメオタクで、アニメイトとらのあなが第二の実家でしたので。

僕の初コミケの思い出といえば、

始発の電車ですし詰めになって会場に向かい、凍死するような寒さのなか3時間ぐらい待ち、その間あまりの寒さに会場横のコンビニでホットドリンクを買ったにも関わらずドリンクの回転が早すぎて全然温まっていない常温以下のホットココアなるものをそれでもありがたがって啜り、そしてそんなものを飲んだせいで今度はお腹がギュルギュル音を立て始め、果ても知れぬ仮設トイレの列に並んだ。目当ての物を買おうとしたがなぜかお金の使いドコロはここではないと購入直前になって悟り、日が出始めポカポカ温かい屋外のコスプレブースで写真を取りつつニヤニヤ楽しみながら友人を待つ。

こんな感じでした。

【例のコンビ二】↓

f:id:shinkamerin:20160812151408j:plain

まぁ、ここまでは話の枕といいますか、前置きです。

上のようなオタッキーな高校生活を送っていた僕ですが、やはりどうも気になっていたのが人からの目。どっぷりのめり込んでいた時はあんまり気にしてはいませんでしたがが、少し熱が冷めてきた頃から他人の目が気になるようになりました。

幸いにも男子校でオタクサイドとリア充・ヤンチャサイドの仲がとても良く、オタクだからといって何かあったというわけではないですが、やはり学内でも《アニオタ》というレッテル貼りは少なからずありました。

そんな中で生活するとどうしても遭遇するのが「アニメとか絶対面白くない笑」「そんなことしてるとモテナイ」というような言葉です。当時は正直いってけっこう傷つきましたね、「ハハハ」なんて笑ってやり過ごしていましたが、やっぱり自分の好きなことが悪い風に言われるといい気持ちはしません。

それは、大学生の今になってもそうです。

時々、そのことを深く知らないのに手放しで人が好きなことをバカにしたり、キモいとか言ったりする人がいます。悪気がないのはわかるし、世間のイメージはそうなのかなと僕も思うこともありますが、だとしてもよくないです。

人には人のそれぞれ好きなことがあって、そのためにバイトを頑張ったり、関東の大学に行くために勉強を頑張ったり、食費を節約したりしてる人もいます。その場では「ハハハ」と気丈に振舞っていても内心は悲しはずです、現に僕がそうでした。

人それぞれ好きなことがあっていいし、それを批判したりバカにしたりする権利は誰も持っていないんです。これは今までもこれからも僕も本当に気をつけて行かなければならないことだと感じています。

猟奇的殺人が趣味♡とか幼女誘拐が好きなこと♡とか言ってる方々はこの話の手には終えませんが、それをすることで何を魅力に感じているのかという話は聞いてみたいとも思います。もちろん、一枚ガラスを挟んだ上で。もしくは紙の上で。

今日はここまで!ここまで読んでくれてありがとうございました!

広告を非表示にする